スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アパッチvsC・T・U
アパッチプロレスを観戦してきました。

第1試合 怨霊&NOSAWA論外vsそのまんまMIYAWAKI&トカレフ佐野

佐野が世にも珍しいサノドライバーを出すも、怨霊クラッチでやっぱりフォール負け。
2006041401 2006041402
○怨霊(11分5秒 怨霊クラッチ)佐野●

第2試合 ハードコアマッチ 新宿鮫vs大黒坊弁慶

鮫は奇襲を仕掛けるも、あっさりと牽制逆転。
チョークスラムからのランニング・スプラッシュで秒殺。
2006041403
○弁慶(2分21秒 体固め)鮫● ※ランニング・スプラッシュ

第3試合 マンモス佐々木&Hi69&稲松三郎vs伊東竜二&関本大介&井上勝正

アパッチ軍vsたかし軍団(というよりは大日本チーム)。
昨日、神風に勝利してノリに乗ってる関本が活躍。
ジャーマンで次々と投げまくり、最後も稲松をジャーマン葬。
2006041404 2006041405 2006041406
○関本(10分14秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)稲松●

第4試合 GENTAROvs井上亘

後藤の負傷欠場により井上亘が代わりに出場。
その井上には大ブーイング。GENは大歓声で迎えられる。
しかし、試合は予想に反して(?)オーソドックスな試合に。
直情型の井上と、クールなGENでは少し相性が悪かったのかもしれない。
井上もブーイングに対しての反応がぎこちなかった。
井上がスタガリンブローで勝利したものの、なにかカラ回りしたような印象を受けた。
2006041407 2006041408 2006041409
○井上(14分7秒 体固め)GEN● ※スタガリンブロー

第5試合 スクランブルバンクハウス+有刺鉄線ボード+ラダーデスマッチ+α 葛西純vs佐々木貴

私的には1番注目してた試合です。
双方、凶器の持込が認められており、貴は剣山、葛西は画鋲を持ってきた。
有刺鉄線ボードを駆使して、場外戦でも主導権を握った葛西。
貴が剣山をバラまくが、葛西は逆にその上にバックドロップ。
しかし、画鋲を持ち出すと、今度は逆に自分が画鋲の餌食に。
それでも葛西は、サドンインパクト、パールハーバ・スプラッシュと攻勢に出る。
だが、葛西が攻めだすと要所でMIYAWAKIが乱入。
貴はそれに乗じて右脚、右腕、D-ガイストと攻め込むが葛西は2でクリア。
葛西は変形のリアリティチェックのような技で貴を有刺鉄線ボードの上に叩きつけるが、
乱入したMIYAWAKIがイスでカット。
葛西はリバース・タイガードライバーから、
クロスアーム・スープレックスでホールドするもカウント2。
続くパールハーバースプラッシュを(足の)剣山で迎撃されると、
ここでHi69が裏切って貴と結託。
D-ガイストからHI69がトランスレイヴを葛西に叩き込み、
貴が右ハイキック→右脚を決めて3カウント。
2006041410 2006041411 2006041412 2006041413 2006041414 2006041415 2006041416 2006041417 2006041418 2006041419 2006041420
○貴(18分3秒 片エビ固め)葛西● ※右脚

第6試合 BADBOY非道vs獣神サンダー・ライガー

非道は場外でライガーに蹂躙されると流血。
リングに戻っても、流血箇所を攻められ防戦一方。
非道ちゃんボンバーを決めた非道は有刺鉄線バットを持ち込み、ライガーにフルスイング。
ライガーはそれを奪うと、非道にお返しのフルスイング。
ラリアットの打ち合いでは両者一歩も引かなかったが、掌底を2連発でライガーが勝利。
あっけない非道の敗北に、場内は消沈してしまうが…。
非道はまだ死んではいなかった。
乱入してきたGENがスィート・チン・ミュージックをライガーに決めると、
非道はハサミでライガーの後ろ髪をバッサリ。
ここで邪道&外道が救出に入ってきて…(メインにつづく)。
2006041421 2006041422 2006041423 2006041424
ライガー(5分3秒 片エビ固め)非道 ※掌底

第7試合 ストリートファイト6人タッグデスマッチ 金村キンタロー&黒田哲広&BADBOY非道vsライガー&邪道&外道

大混乱のリングに金ちゃんと黒田が入ってきて、
ライガーと非道を入れての6人タッグでのデスマッチをアナウンス。
雪崩式にメインのストリートファイト6人タッグデスマッチが開戦。
髪を切られて怒りに震えるライガーは非道は場外で制裁。
それでも怒りが収まらないライガーはレフェリーの李日韓にも暴行を働く。
これには場内大ブーイング。
当たり前じゃ!日韓に手を出すな!
観客はアパッチ派8、CTU派2という割合。
アパッチを応援する客とCTUを応援する客で一食触発の異様な雰囲気な中、試合は進む。
邪道がクロスフェース・オブ・JADOを黒田に決めるとアパッチは総出でカット。
黒田がダブルラリアットでCTUをなぎ倒し、金ちゃん登場。
外道がスーパーフライを決めにコーナーに上るが、黒田がこれを阻止。
非道が雪崩式ブレーンバスターで外道をリングに投げ捨てる。
ここから試合は大混戦。
金ちゃんが爆YAMAを決めるがCTUがカット。
外道がスキを付いて外道クラッチを決めるも、黒田がギリギリでカット。
最後は金ちゃんが金的攻撃からエルボー連発、そしてサンダーファイヤーで叩きつけて3カウント奪取。
2006041425 2006041426 2006041427 2006041428 2006041429 2006041430 2006041431
○金村(18分7秒 エビ固め)外道● ※ヒューマントーチ(サンダーファイヤー・パワーボム)
スポンサーサイト
04/14 19:00 | プロレス観戦記 | コメント:0
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 wabisabi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。