スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
超極私的2006下半期萌えキャラベスト10
ということで、2006年下半期の私的ギャルゲライフを
ランキング形式で振り返ってみるのであります。
まずはwabisabiがTKOされたキャラから振り返ってみようという感じ。

第10位 觀興寺 六花(『終末少女幻想アリスマチック』)

りっちゃん。
大型武器少女萌えなwabisabiにとって、
片鎌十文字槍・金房兵衛尉政貞を振るうりっちゃんはツボでした。
りっちゃんを見てると、お腹が空きます。
割りと食いしんぼうキャラ、好きかも。

第9位 楠木 由美(『おキツネSummer~夏合宿・女の子付き~』)

メイプル荘の看板娘。
「きゅ~ん」と縮こまる姿と、その関西弁(?)ツッコミが良かったです。
巫女服、メイド服とコス的に、なぜかマルチプレーヤーでした。

第8位 神代 睦月(『いな☆こい!~お稲荷さまとモテモテのたたり~』)

睦月はとにかく天然ボケっぷりのベクトルがアレなもんで、
そのシーンではとにかく笑わせてもらいました。
ミルクネタで、「ぷぷぷ」と笑いをこらえてるのも何気に好きですねw

第7位 上原 奏(『遥かに仰ぎ、麗しの』)

みさきちのみさきちの良き相方、かなっぺ。
哀愁すら漂うその振り回されっぷりと、暁ちんへの一途さっぷりがグッドグッドでした。
高音域ヴォイスの嘆きの絶叫と、なぜかなぜか2度繰り返す口癖も楽しかった。
暁ちんとお幸せにお幸せに!

第6位 竹内 姫香(『妻しぼり』)

「消毒してあげるわ!」には笑いました…。
溢れんばかりの包容力と、溢れんばかりの嫉妬エネルギーと、
なんかもう噴き出しちゃってるスペシャルウェポンを兼ね備えた、
とってもステキなお姉さんです。

第5位 相沢 美綺(『遥かに仰ぎ、麗しの』)

プレイしてるときの感想にも書いたのですが、みさきちがいたからこそ、
「かにしの」の親しみやすい世界観があるんじゃないかなと思います。
もし、ギャルゲー最優秀タッグ部門があったら、相沢美綺&上原奏にあげたいです。

第4位 小松 あすか(『こんな娘がいたら僕はもう…!!』)

快速電車言動のオタク少女。
シナリオもなかなか良かったです。
芳宏が溺愛する気持ちもわか…るような気がする。

第3位 疋田 伊織(『終末少女幻想アリスマチック』)

伊織先輩。
エグゼキューター(処刑刀)をぶん回す、その戦闘スタイルに惚れました。
またシナリオ上では、予想以上の重要度と役割を発揮。
他人とのコミュニケーションを覚えていく中で見せる素顔が良いのです。

第2位 ビクター・フランケンシュタイン式人造生命体・シリアル666号型・フランチェスカ(『ちょこっと☆ばんぱいあ!』)

正式名称を書いたら、やたら長くなってしまいましたが(笑)
主人公の花嫁候補の1人、フランです。
彼女…と云っていいんでしょうか?は、とにかく可愛かった。
特に頭が取れたり、バラバラになるトコがステキです。
その他、萌えギミックを多数搭載。
その隠された右目はトドメのリーサルウェポンでした。

第1位 鷹月 殿子(『遥かに仰ぎ、麗しの』)

下半期はおろか、2006年を通してのwabisabi的萌えキャラ第1位は、
とのちん以外にあり得ません。
まったくノーマークで、みやび~やすみすみに気を取られまくっていた自分が恥ずかしい(笑)
とのちんルートより先に、しのしのルートをやっていたんですが、
そのときにはもう、殿ちんの虜でした…。
主人公に惹かれていく自分自身に戸惑う姿にやられた人は、きっと私だけではないハズ。
とのちんルートは、ずっと目の汁を堪えながらやっていたような気がします。

こんな感じですね。
とのちんとフランはスパッと決まりましたが、3位以降はそれなりに迷いました。
ちょっとベクトルが違いますが、『Silvery White』の楓花とかツボでしたね。
さてさて、今年はどのような出逢いがあるでしょうか…。

そんな感じ。
01/17 00:00 | 超極私的番付 | コメント:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 wabisabi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。