スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ゲイのプライドとオカマのソウル
DDTを観戦してきました。
半年ぶり。

新日を退団したケロちゃんこと、田中リングアナが試合順やコールをする。
ケロちゃんがマンモス半田をコールするなんて、なんだかスペクタル(笑)

第1試合 泉州力&マッスル坂井&マンモス半田vs新田明臣&タノムサク鳥羽&猪熊裕介

プロレスの聖地に初登場のマンモス半田。
…だったのだが、3カウントフォールのプロレスのルールをド忘れした半田は、
ヘッドロックをロールスルーで切り返されると、あっさり3カウント。
2006033101
○猪熊(0分25秒 エビ固め)半田● ※ヘッドロックを切り返して

◇再試合

一応、坂井が3カウントのルールを半田に教えて再試合。
半田は新田に蹴られまくり、鳥羽に殴れらまくって防戦一方。
最後は猪熊のK7-308でフィニッシュ。
2006033102 2006033103
○猪熊(7分23秒 片エビ固め)半田● ※K7-308

第2試合 トリプルスレッドマッチ 中澤マイケルvs三和太vsゴージャス松野

減量が成功しないと引退の太。
さらに、連帯責任で引退が賭けられてしまっているマイケル。
ゴージャスの提案により、試合をすることで最後の追い込みをすることに。
しかし、ウォールズ・オブ・フトシで太が松野を秒殺してしまう。
2006033103
○太(0分17秒 ウォールズ・オブ・フトシ)松野●

◇再試合

納得のいかないマイケルが再試合を要請。
太にロープワークをやらせて、減量を狙う。
太が再びウォールズ・オブ・フトシでマイケルを仕留めた。
試合後、体重を計測。
結果は試合前より増量しており、減量失敗。
太とマイケルは引退することになったのだが、
これまた松野さんの提案により、二人は練習生として1からやり直すことに。
2006033105 2006033106
○太(4分10秒 ウォールズ・オブ・フトシ)マイケル●

第3試合 KUDO凱旋帰国試合 KUDO&MIKAMIvsHARASHIMA&“ジェット”省吾

9ヶ月ぶりのDDTマット凱旋のKUDO。
HARASHIMAはKUDOと睨み合う。
KUDOは蹴りを主体にHARASHIMAとジェットを攻め込む。
KUDOが場外にトペコンを決めると、
リング上ではMIKAMIがミッキーブーメランから450°スプラッシュ。
ブラックボックス攻撃で流れを変えたディザスター・ボックス(以下、DB)組は、合体攻撃をKUDOに決める。
ジェットのジャンボジェットはMIKAMIがカット。
DB組の誤爆を誘うと、MIKAMIがデュランダル。
そこからKUDOがダイビング・ダブルニーアタックを決めて勝利。
2006033107 2006033108 2006033109 2006033110 2006033111
○KUDO(13分46秒 エビ固め)ジェット● ※ダイビング・ダブルニーアタック

第4試合 暗黒陰陽師ハードコアマッチ ポイズン澤田JULIE&マサ高マムシvs高木三四郎&怨霊with暗黒シャーマンモリノス

全ての凶器・呪文・呪術が使用可能の暗黒陰陽師ハードコアマッチ。
さっそく、シャーマンモリノスが呪術で高マムシを、手を触れずにひっくり返す。
怨霊のピンチには、再びシャーマンモリノスが藁人形で蛇界軍の二人を操る。
藁人形に釘を刺すと、苦しみ悶える蛇界軍。
しかし、藁人形を奪うと呪文を使って藁人形を逆利用。
高木と怨霊の二人を操ってみせた。
ポイズンがモアイ・オブ・イースターを決めて攻勢に。
高木はラリアットで反撃すると、怨霊にタッチ。
怨霊に対して呪文を使って動きを封じたポイズンだったが、
シャーマンモリノスが再び呪術で対抗。
怨霊がポイズンに怨霊クラッチ、怨霊ドライバーを決める。
高マムシのタカタニックは、レフェリーの腕を掴んで防ぐ。
高木がポイズンにSHBを試みるが、高マムシがカット。
ポイズンが毒霧を噴射するが、高木は怯まずにラリアット。
高木はすかさずパワーボムを決めるが、ポイズンが下から毒霧を噴射すると、瞬時にエビで固めて3カウント。
2006033112 2006033113 2006033114 2006033115 2006033116 2006033117 2006033118
○澤田(12分17秒 エビ固め)高木● ※毒霧から

第5試合 敗者チームは自分のコスチュームでアキバのメイド喫茶に行ってもらうマッチ 諸橋晴也&柿本大地&飯伏幸太vsフランチェスコ・トーゴー&モリ・ベルナルド&アントーニオ本多

試合前にアントンが勝手に「敗者チームは自分のコスチュームでアキバのメイド喫茶に行ってもらうマッチ」にしてしまう。
飯伏が長時間、イタリア軍に攻め込まれる。
流血しながらもドロップキックでピンチを脱すると、柿本にタッチ。
そこからは両チームとも凌ぎを削りあう展開。
柿本のカッキーカットから、飯伏がフェニックス・スプラッシュを決めるが、
ベルナルドがレフェリーの足を引っぱってカウントを阻止。
ベルナルドがスリーアミーゴ、フロッグ・スプラッシュで柿本を攻めると、
イタリア軍はイタリアン・インパクトを決めるが、飯伏がカット。
さらにイタリアン・フォルテッシモを狙ったイタリア軍だったが、
柿本が高角度前方回転エビ固めで切り返して逆転の3カウント奪取。
2006033119 2006033120 2006033121 2006033122 2006033123 2006033124
○柿本(22分3秒 高角度前方回転エビ固め)ベルナルド● ※イタリアン・フォルテッシモ(スワンダイブ式イタリアン・インパクト)を切り返して

第6試合 KO-D無差別級選手権 男色ディーノvs大鷲透

強烈な逆水平チョップを決める大鷲に対して、
ディーノはやんわり股間タッチで大鷲に精神的大ダメージを負わせる。
ヤケクソぎみに股間を握り返す大鷲だったが、男色スクリューを決められると、
シャイニングあてがい、コックボトム、男色ナイトメア、ファイト一発など、
男色48手を次々と決められ悶絶。
流れを変えるべくDBのセコンドを介入させた大鷲だったが、ディーノにキスで迎撃。
男色ドライバーを決められたところで、大鷲はオカマバーでもらった箱を開ける。
中に入っていたのはHGの帽子&サングラス。
1度は頭を抱えてしまた大鷲だが、意を決して帽子とサングラスを装着。
すると、ディーノの股間攻撃に全く動じず、逆に濃厚なキス攻撃でディーノを戦闘不能に。
最後はパワーボムで3カウント。
2006040225 2006040226 2006040227 2006040228 2006040229 2006040230 2006040231
○大鷲(16分11秒 体固め)ディーノ● ※パワーボム

う~ん。
ネタは面白かったですが、プロレスとしてのクオリティは低かったと思います。
興行進行のテンポも悪かった。
思ったのは、橋本(友彦)の穴は意外に大きな、と。
だからこそ、帰ってきたKUDOには期待したい。
いろいろと難しい時期なのかもしれません。

間違って、こないだの大日本の写真を潰してしまいました。
やっぱり、色々と使い勝手が違うのね…。
う~ん。セミとメインぐらいはアップし直したいですけど…。

つ~か、マジで訪問者、少なかったんだな…。
2重カウントを禁止しただけだけど、こうもカウントが減るとは…。
前の日記ともう20ぐらい差がついてるんですけど…。
プチショック!

プロレスから帰宅後は、ずっと「こんにゃく」です。
静、凛奈とクリアしました。
静シナリオは最後、良い感じに盛り上がってよかった。
凛奈はなんかもう凄いですね。
ツンデレというより、ツンデレデレ?
なんか新たな世界…いや、宇宙を見た気がします。
現在、さえちゃん先生です。
明日も明後日も休みなんで頑張ります( ´ー`)
なんてったって、“こんにゃく休暇”だからね。
それをやらずになにをやる、と。
04/02 12:00 | プロレス観戦記 | コメント:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 wabisabi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。