スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
超極私的2007下半期萌えキャラベスト10
先週の下半期PCゲームベスト10に続きまして、
2007下半期萌えキャラベスト10をお送りしたいと思います。
何度も言いますが、自己満足ですのでご容赦をw
ということで第10位…ではなく、ちょっとズルして次点から!
(全部まとめたあとに11人なコトに気づいたのですが、せっかく書いたので…)


次点 笠谷 理枝(催眠術2

催眠術でやりたい放題される姿は、思わず応援したくなるぐらいですねw
まぁ、でも彼女のようなキャラが堕ちていくのが催眠モノの醍醐味なワケでして。
1番のファインプレーは全裸グラウンド疾走でしょうか。

第10位 水守 御波(そして明日の世界より―

星空の似合う、不思議な魅力のあるキャラでしたね。
強さと弱さ、生と死という要素が、登場人物の中でも色濃く出ており、
その辺りが御波の神秘的な印象に繋がっているのかもしれません。

第9位 桐生 操(乙女恥曝遊戯~Disgrace Return Play~

操は主人公をなじっていた冒頭と、堕ちたあとの甘えっぷりのギャップが良いといいますか。
こういうずるくて陰険な娘が、陵辱によって目覚める(?)ってのがすごく好きです。
まぁ、そういう意味合いでは同作品の中では水上まゆの方が当てはまってるんですが、
その辺は単純なキャラの好みということでw

第8位 春瀬 歌(Sugar+Spice!

「シュガスパ」はヒロイン全員が魅力的なんですが、
私的にはトリッキーさが魅力のハモを押したいと思いますね。
しかしながら、ハモ好きは少数派のようで…。
いや、他が強力すぎるのか…?
とにかく、私はハモのいけない唇にやられまくったのでw

第7位 天ヶ原 稲穂(はっぴぃ☆マーガレット!

にゃー!

第6位 名取さん(姫さまっ、お手やわらかに!

パフィン様のお付きのアイアンメイド、名取さん。
その親しみやすさとは裏腹に、
バスを持ち上げて放り投げる破天荒さが素敵でした。
結局、名取さんはいろいろと謎のまま話が終わってしまったのですが、
それはそれで名取さんの魅力に繋がってるかなと。

第5位 小鳥遊 夜々(Clover Point

その圧倒的なまでの妹力で全国のお兄ちゃんを萌え飛ばしたのではないかと。
気泡シート潰しが趣味だったり、雪に埋まって凍死しそうになったり、
そういうのがもう、いちいち可愛いんです。

第4位 石動 千絵(キラ☆キラ

第二文芸部バンドのドラムでリーダー、そしてツアーワゴンのハンドルを握る、
なんか何気に責任重大なポジションにつきまくってる苦労人。
彼女の本当は泣きたいという心情を表しているような泣きボクロがチャームポイントです。

第3位 南初瀬 花梨 オルタンシア(はっぴぃ☆マーガレット!

これは演じられた榊原さんに拍手ですね。
妙な中毒性があるんですよ。
特にカリンの駄菓子シリーズは妙にツボでした。
某ねるねるするヤツとか、いもけんぴとか。

第2位 小石川 小羽(ピリオド

まさに、天使のような笑顔、性格、存在にやられました。
(まぁ実際、天使なワケですが)
ホントに幸せになってもらいたいキャラです。

第1位 コゼット・レングランス(Bullet Butlers

コゼットルート、欲しかったですね。
その後のスパイメイドとしての活躍ぶりも見たいですし。
ネタバレになるんで、あんまり突っ込んだコメントが出来ないんですが、
ミステリアスでカッコいいお姉さんキャラであります。


こんな感じですかね。
なんかジャンルとか属性の幅が広くなって、
カオスなランキングになってるような気がしますが…。
とにかく、2008年も素敵な出逢いに期待であります。

そんな感じ。
02/15 00:00 | 超極私的番付 | コメント:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 wabisabi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。