スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
超極私的2008上半期PCゲームベスト10
ということで、wabisabiが2008年上半期(1~6月)発売のPCゲームで、
寝オチしつつもプレイした50タイトルぐらいを対象に、
超極私的PCゲームランキングをお送りしたいと思います。
では、10位から。

第10位 暁の護衛
暁の護衛 通常版
アキバにおいては発売当初、難民が続出して話題になりましたね。
主人公とツキ様のひねくれダウナートークは楽しかったです。
作品としては少しまとまりに欠けるところがあり、そのあたりが惜しいかなと思います。

第9位 クロノベルト~あやかしびと&Bullet Butlers クロスオーバーディスク~
クロノベルト -あやかしびと&BulletButlers クロスオーバーディスク-
「あやかしびと」「Bullet Butlers」の合同ファンディスク。
また、あやかしびとキャラに出会えたのは嬉しかったです。
トーにゃんの暴走ぶりは必見ですよ。

第8位 ToHeart2 AnotherDays
ToHeart2 AnotherDays 初回限定版
もうネタの宝庫という感じれ楽しかったれす。
来栖川重工のリーサルウェポン、シルファも良かったれす。
らめらめらめっこれす。

第7位 FORTUNE ARTERIAL
FORTUNE ARTERIAL 初回限定版
オーガストの作品もようやく引き締まってきた感じがしましたね。
自分の中では、かなでさんが意外にも健闘してくれました。

第6位 プリマ☆ステラ
プリマ☆ステラ 初回限定生産版
とにかくエロくて可愛くて萌えるのであります。
くすねぇの圧倒的な戦闘力に成す術もなく搾り取られることかと思います…。

第5位 G線上の魔王
G線上の魔王 通常版
ヒロイン別では花音の章が良かったですね。
るーすぼーいさんはやはりスゴイなと。
発売日が延びに延びてしまった点は残念なところですが、待った甲斐はあったかなと。

第4位 11eyes-罪と罰と贖いの少女-
11eyes-罪と罰と贖いの少女-
雪子と賢久のサイドストーリーは音楽の演出も手伝って、
涙せずにはいられないものだったと思います。
ヒロインでは美鈴先輩の戦いでの凛々しい一面と、
普段の世間知らずで可愛いギャップが萌えました。
というか駆きゅんの人が変わったかのような淫語調教プレイに感動w
うゆ。

第3位 Princess Frontier
Princess Frontier
AXLのタイトルは安定感があって良いですね。
というか、女装の次は女体化でくるとは…w
ポルカ村に行きたいなぁ。

第2位 るいは智を呼ぶ
るいは智を呼ぶ 初回版
今年上半期1番のダークホースタイトルではないでしょうか。
構成上、1週目ではさほど面白さが伝わってこなかったり、
テキストにもクセがあるので、
楽しいと思える部分までたどり着くまでに時間がかかるのが難点ですが。
鷹月さくらさんや桜坂かいさんなど、CVはマニアにはたまらない布陣じゃないでしょうか。

第1位 さくらシュトラッセ
さくらシュトラッセ
ルゥリィの異常なまでの可愛さにやられました。
作品自体もとてもハートウォーミングで好感が持てます。
唯一の難点は、早希姉さんがクリアできないことでしょうか。
そこはファンディスクで…と期待していたのですが、
FDでもどうやらそういうようなエピソードはなさそうな雰囲気で…。
惜しい。惜しすぎる!


AB2系タイトルの活躍が目立った感じになりましたね。
特に「るい智」は期待以上の名作でした。
上半期はおそらく60タイトルぐらい買ってるんですが、
まだ10本ほど未プレイだったり途中で放置してたり。
まぁ、頑張ります…。

そんな感じ。
07/26 22:54 | 超極私的番付 | コメント:2
ゲーマーですな
いえいえ、隊長さんには負けますよ。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
Template Design by Akane*
Copyright © 2006 wabisabi All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。